カードローン クレジットカード違いってあるの?!

クレジットカードとカードローンの違い

クレジットカードとカードローンの違いはいくつかありますが、一番大きな違いは商品の代金の決済の機能があるかないかです。カードローンはお金を借り入れることができますが、商品を買って決済を行う機能はありません。また、クレジットカードにもキャッシング機能がありますし、枠内なら幾度でも自由に借りることができます。この点はカードローンに似ています。しかしクレジットカードは、キャッシング枠は決して大きくありません。たとえゴールドカードでも最大で100万円ぐらいまでです。また、クレジットカードの金利はカードローンより割高となっています。

クレジットカードとカードローン どう使う?

このように見てみるとクレジットカードとカードローンはそれぞれの特徴があることが分かります。その特徴からすると、そのため、クレジットカードはすでに多くのユーザーそうしているようにショッピングや旅行、携帯電話料金や公共料金の決済に使うもの、まとまった資金を調達したいときには、カードローンを別に用意して使用するというのが賢い使い分けと言えるかもしれません。また、クレジットカードは審査に時間を要しカードが届くには時間がかかりますが(数週間)、カードローンは即日融資も条件がそろえば可能です。急な出費の際にはカードローンが有効かもしれません。
お金を借りる|おすすめはカードローンはこちら