むくみにポリフェノールがききます

むくみを解消させる成分はいくつかあります。その中に、ポリフェノールもあげることができます。ポリフェノールはどのような働きをするのでしょうか。ポリフェノールは血流をよくする効果があります。もともとむくみは血流の流れが悪くなり、老廃物が体内に残ってしまいむくんでしまいます。ですから血流の流れをよくすることによって、むくみが自然と解消されるという効果があります。ポリフェノールには他にも、血流の改善だけでなく、酸化ストレスを軽減するという働きもあります。血管内の酸化ストレスによって機能を低下させることによってもむくみがおこるので、酸化を防ぐことによりむくみにくくすることができます。血管内の機能を低下させることなく元気に活動させることができるのです。ポリフェノールはブドウやいちご、緑茶や海藻、コーヒーに含まれています。一日に1500mgポリフェノールを摂取するのが良いとされています。ですからこれらの食品で摂取することもできますし、むくみサプリメントを利用することによって、一日の摂取量をとることができます。むくみだけなく、ポリフェノールには脂肪の燃焼を促進する効果が合ったり、老化防止などの効果、ダイエット効果などもあるとても良い成分です。ポリフェノールが足りなくなるとむくみだけでなく、血行が悪くなるので、体が冷えやすくなるという現象もあります。代謝も悪くなってしまいますので、ポリフェノールを摂取するように心がけましょう。