アメリカの学資保険と日本の学資保険の違いとは?

日本における学資保険は各保険会社が設ける商品を購入することで行われています。一般的には子供の将来における学費を賄うために活用されており、月々保険金を支払い、保険会社が運用をすることで将来的な支払いが行われます。また、最近においては利便性が高いことから、低解約返戻金型終身保険が学資保険に代わるものとして利用されています。

アメリカにおいては日本とは異なり、公的な制度として529プランと呼ばれる積立制度があります。アメリカの場合には非常に学費がかかり、例えば、2013年のデータでは州立大学が230万円程度、私立大学に至っては450万円程度がかかることが報告されています。4年間に換算した場合には巨額な費用がかかることになり、529プランはここでの問題に対応するために設けられています。

アメリカの学資保険制度の特徴は日本においても知られている確定拠出年金に似たシステムが用いられており、積立金は各州それぞれがファンドに預けることで行われています。ここでは積立金の利回りに課税されることは無く、例えば将来子供の教育費の目的で使用する場合には引出金にも課税されないという課税控除が適用されています。また、自分が住む州のファンドに入れば、州の所得控除も受けられる内容になっています。

529プランの運用は州に認定された会社が管理・運営を行っていることが多く、組成内容は各ファンドによって異なるもののアメリアでもトップクラスの投信会社が投資信託によって運用をします。アメリカの学資保険制度はむしろ投資感覚に近く運用形態には直接型とアドバイザー型の2つが用いられており、子供が小さい場合などではハイリスクハイリターン型、学費の必要時期が近い場合にはローリスクローリターンのものに運用先を変えることで活用されています。
学資保険まるわかり辞典│おすすめ学資保険返戻率ランキングはこちら

むくみにはポリフェノール!

むくみにポリフェノールがききます

むくみを解消させる成分はいくつかあります。その中に、ポリフェノールもあげることができます。ポリフェノールはどのような働きをするのでしょうか。ポリフェノールは血流をよくする効果があります。もともとむくみは血流の流れが悪くなり、老廃物が体内に残ってしまいむくんでしまいます。ですから血流の流れをよくすることによって、むくみが自然と解消されるという効果があります。ポリフェノールには他にも、血流の改善だけでなく、酸化ストレスを軽減するという働きもあります。血管内の酸化ストレスによって機能を低下させることによってもむくみがおこるので、酸化を防ぐことによりむくみにくくすることができます。血管内の機能を低下させることなく元気に活動させることができるのです。ポリフェノールはブドウやいちご、緑茶や海藻、コーヒーに含まれています。一日に1500mgポリフェノールを摂取するのが良いとされています。ですからこれらの食品で摂取することもできますし、むくみサプリメントを利用することによって、一日の摂取量をとることができます。むくみだけなく、ポリフェノールには脂肪の燃焼を促進する効果が合ったり、老化防止などの効果、ダイエット効果などもあるとても良い成分です。ポリフェノールが足りなくなるとむくみだけでなく、血行が悪くなるので、体が冷えやすくなるという現象もあります。代謝も悪くなってしまいますので、ポリフェノールを摂取するように心がけましょう。

アコムの申し込み方法

アコムの申し込み方法は、インターネット(パソコン、スマートフォン、ケータイ)、電話、むじんくん、店頭窓口、郵送といった方法が用意されています。大手の消費者金融としては標準的な申し込み方法のバリエーションといえるでしょう。

パソコン、スマートフォン、ケータイなどインターネット申込でしたら契約までネットで完結していますし、即日振込してもらいたいというときにも手軽で大変便利です。契約内容の確認についてもインターネット上で完結していますから、郵送などの時間も手間もかかりませんし、出先であってもスマートフォンやケータイさえあれば借りられるという手軽さが魅力ですね。こうした便利さはやはりシステムの確立している大手ならではでしょう。

本人確認書類の提出に関してもアップロード、専用アプリ(スマホ・ケータイのみ)、FAX、郵送または来店で提出することも可能というように利用者のニーズに合わせて様々な方法が用意されていて、アプリや画像のアップロードに不慣れな年配の方でも利用しやすい環境が整っています。

また、アコムといえばやはりむじんくんですよね。無人契約機のむじんくんは設置数が1,000カ所をこえるなど大手消費者金融のなかでも設置数がプロミスと並んで多くなっています。即日融資を利用したいという場合など、振り込み融資では時間に限りがありますのでやはりそうしたときに頼りになるのは無人契約機になりますよね。設置数の多さはそれだけ多くの方が利用しやすい環境にある、選択肢の多さつまり利便性に直結しています。

無人契約機では質問や相談などはしにくいのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、むじんくんとはいっても困ったときにはすぐにオペレーターに対応してもらえるので店頭窓口とほぼ同等のサービスを受けられると考えてよいでしょう。基本的にむじんくんの営業時間は9:00~21:00ですが、一部では21:30まで営業時間を延長しているコーナーもあるといいます。仕事で遅くなってしまうかも……という方もこれなら安心して利用できますよね。

さて、では実際にアコムの申し込みをしてみた方の客観的な意見としてはどうなのか?というと、口コミではやはりインターネット上で手続きが完結することに対しての手軽さを評価する意見はかなり多いようです。消費者金融というと、いまだに店鋪に出向いて長い時間をかけて借りるというようなイメージを持っている方も多いようなのですが、実際に利用してみるとネットですぐに契約できた!と手軽な申し込みシステムに対するギャップがまた評価をあげているようです。
関連

銀行カードローンと消費者金融の違い

実は消費者金融もカードローンに分類されます。

カードローンといえば銀行を思い浮かべますが、発行されたカードで利用する、それがカードローンの定義であり消費者金融も同じカードローンになっています。

まずは消費者金融と銀行カードローンの共通点を見てみましょう。

申し込みから完済まで、その流れは消費者金融も銀行カードローも同じです。

申し込みをすれば審査が始まります。

その審査の結果で融資限度額が決定し契約をします。

契約をすればキャッシング専用カードが発行され借り入れができるようになります。

借りた金額は、基本は月に一度の返済になり満額返済をして完済です。

一般的に思い描いている利用方法通りだったのではないでしょうか。

返済にもある程度の自由度があり、毎月一度以上の返済も可能、最低返済額以上の返済も可能となっているカードローンが多くなっています。

それでは消費者金融と銀行カードローンの違いはどこにあるのかも確認してみましょう。

実はその内容は変わりがないものの、一つ一つの特徴が異なります。

・金利

・利用条件

・サービス

大きく分けるとこの3つに違いがあります。

「金利」

金利の違いというよりは金利システムに違いがあります。

銀行カードローンは融資限度額で適用金利が決まりますが、消費者金融はそうではありません。

どの金利が適用になるのか利用前に知ることはできず、利用中でもどのタイミングで金利が下がるのかが全くわかりません。

つまり銀行カードローンは金利が明瞭であり、消費者金融は金利が不明瞭であるということです。

ところがどちらのカードローンでも初めて利用をするときには上限金利が適用される傾向にあります。

取引つまり借り入れや返済といった実績がない状態での申し込みとなればそこには信用がありません。

取引実績がない新規の借り入れの時、金利は上限が適用される範囲で決められるものです。

銀行カードローンも消費者金融も、金利システムは違えど上限金利が適用されることは変わりありません。

しかし、金利自体にも違いがあります。

上限金利が適用されると考えて比較してみるとわかりやすいでしょう。

・一般消費者金融・・・20.0%

・大手消費者金融・・・18.0%

・大手銀行カードローン・・・14.5%前後

・プレミアム銀行カードローン・・・10.0%前後

・一部の銀行カードローン・・・18.0%

大手銀行とはメガバンクと呼ばれる三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行が提供しているカードローンです。

プレミアム銀行カードローンは、いくつかの銀行で特別枠として設けられている銀行カードローンで利用条件が厳しい反面低金利が可能になっています。

一部の銀行カードローン、それらでは消費者金融金利と変わらない金利になることもあります。

高金利の反面、一定期間の無利息があるなど特別なメリットがあることもありますが通常のカードローンであり銀行のものでありながら単純に高金利ということもあります。

銀行カードローンには金利の差が激しくなっていますので必ず比較しなければならない項目です。

ところが消費者金融の場合には大手消費者金融を選ぶことが必須条件です。

金利は同等となっていますので金利の比較は必要ない、ということになるでしょう。

「利用条件」

申し込みをするためにも条件があります。

クリアしていなければならない年齢があり、そして安定した収入もなくてはなりません。

返済をするためには収入が必要です。

そして今、精算するのではなくこれから返済していくことになりますので今後も安定した「返済を用意するための」収入が必要になります。

それが安定した収入です。

消費者金融と銀行カードローン、ここまでは変わりありません。

しかし銀行カードローンには保証会社による保証が条件になります。

保証人も担保も必要ありませんが、銀行カードローンでは保証人の代わりとなる保証会社が必要になります。

保証人が代位弁済をしたくはないのと同じように保証会社も代位弁済は避けなくてはなりません。

確実に返済をするかどうか、それを審査によって確認することとなります。

銀行カードローンの申し込みでは銀行の審査に加え、保証会社の審査も受けなくてはなりません。

また、銀行カードローンでは年齢、安定した収入、保証会社のほかにプラスの条件があることがあります。

前年度の年収が200万円以上であること、正社員として勤続年数が2年以上あることなど条件が厳しくなっていることもあります。

「サービス」

即日融資や振込キャッシング、インターネット返済など最近よく耳にするこれらの言葉は実は消費者金融のサービスです。

銀行カードローンではサービスが充実していないというのは大きな特徴でもあります。

もちろんすべての銀行カードローンというわけではなく中には三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、新生銀行カードローンレイクなどのように自動契約機を設置することで即日融資が可能になっている銀行カードローンも、そしてインターネットバンキングでは振込キャッシングが主流などその銀行によって違いはあります。

しかし総じてみれば消費者金融のサービスはレベルが高くなっています。

銀行カードローンと消費者金融、その違いが見えてきたでしょうか。

使い方自体は変わらなかったとしても、その一つ一つの内容には違った特徴があります。

だからこそ適切なカードローン探しができるものであり、そのためには違いや仕組みを理解していなくてはなりません。

プロミス審査|審査落ちしない為に確認する事はこちら

カードローン クレジットカード違いってあるの?!

カードローン クレジットカード違いってあるの?!

クレジットカードとカードローンの違い

クレジットカードとカードローンの違いはいくつかありますが、一番大きな違いは商品の代金の決済の機能があるかないかです。カードローンはお金を借り入れることができますが、商品を買って決済を行う機能はありません。また、クレジットカードにもキャッシング機能がありますし、枠内なら幾度でも自由に借りることができます。この点はカードローンに似ています。しかしクレジットカードは、キャッシング枠は決して大きくありません。たとえゴールドカードでも最大で100万円ぐらいまでです。また、クレジットカードの金利はカードローンより割高となっています。

クレジットカードとカードローン どう使う?

このように見てみるとクレジットカードとカードローンはそれぞれの特徴があることが分かります。その特徴からすると、そのため、クレジットカードはすでに多くのユーザーそうしているようにショッピングや旅行、携帯電話料金や公共料金の決済に使うもの、まとまった資金を調達したいときには、カードローンを別に用意して使用するというのが賢い使い分けと言えるかもしれません。また、クレジットカードは審査に時間を要しカードが届くには時間がかかりますが(数週間)、カードローンは即日融資も条件がそろえば可能です。急な出費の際にはカードローンが有効かもしれません。
お金を借りる|おすすめはカードローンはこちら

売掛債権をファクタリングで現金化する

比較的事業規模の小さな会社にとって事業資金のやりくりは非常に重要なテーマです。取引が盛んで数多くのビジネスを行っていても、モノやサービスを納品してから実際に現金が入金されるまでには時間がかかる場合がほとんどですので、その間に資金不足に陥ってしまうと言う事は珍しいことではありません。
そのような場合に頼りになるのは一般的に金融機関です。不足する事業資金をつなぐ場合につなぎ融資を受ける場合がありますが、このような方法で危機を乗り切るのが一般的です。しかしながら何らかの事情で金融機関からの融資が受けられない場合、最後の手段としてファクタリングと言う方法を選択することができます。
ファクタリングは専門の業者が提供しているサービスです。売掛債権を持っている場合、その債権を買い取ってもらうことですぐに現金化することが可能になるのがファクタリングと呼ばれているサービスなのです。債権をそのまま持っていれば満額の入金を受けることができますが、その支払い期日以前に現金が必要になる場合には、ファクタリングとは利用しなければならなくなることがあるのです。
ファクタリングを行う目的は売掛債権をすぐに現金化することができると言う点にあります。額面が目減りしてしまうことを避けることができませんが、すぐに現金化できると言う点で経営者にとって1つの資金繰りの方法としてニーズがあります。特に金融機関からの融資が間に合わない場合には魅力的な選択肢です。